「これだ!」というものを探している人へ

「これだ!」というものが見つかりさえすれば
今の自分は変われる。

そう、思って日々「これだ!」というものが
一体どこにあるのか?何なのか?を探し求め
焦っている人に向けて書きました。

 

「これだ!」なんてものはない

 

人間、生きてて人生でたった一つ
「これだ!これぞ私らしさが表現される!」といって
一生打ち込めるものに出会えて
しかもそれだけを日々、やっていたら満足で
充実していて、人の役にも立てて、経済的にも恵まれ
さらには、人から賞賛されて、惜しまれながら死んでいく。

こんなストーリーを思い描いている人が
多いのでしょうか?

もう一度書きますが

人生でたった一つ
「これだ!これぞ私らしさが表現される!」と
一生打ち込めるものに出会えて
しかもそれだけを日々やっていたら満足で
充実していて、
人の役にも立てて、
経済的にも恵まれ

さらには、人から賞賛されて、
惜しまれながら死んでいく。

こんなものがある、と信じますか?

私は、全くそうは思いません。

 

日々焦ってばかり
せっかく会社を休んでも気持ちが休まらない
とりあえず仕事には行ってるけど「私はこれじゃない」
悶々としているけど何をしていいのか?はわからない、
子供が大きくなったけど、じゃあ自分はこれから何をしたらいいのか?わからない
小さい頃から、親のいいなりにならざるを得ず、
大学は卒業したものの就職が怖くてできない

このような日々焦りの状態が継続していると
人は身動きが取れません。
一体、何をしたらいいのか?もわかりませんし
焦っているので自分の気持ちなんて全く不明です。

人の目が気になるのでしょう。
目の前にいない親の声が聞こえるのでしょう。

「あなた、いつまでそうやってるつもり?」

そういう声がいつも頭の中でリピートしてますね。

「やっぱ、私ってダメなんだ」
「私なんて生きてる価値あるのかな」
「なんのために生きてるのか、わからない」

焦りながらも、考えるのはそんなことばかり。

どんどん、自分はしぼんていくばかり。
どんどん、自分は腑抜けになっていくばかり。
どんどん、自分らしさ、なんてわからなくなるばかり。

一体、今、私は、何したらいいの?

 

すごい人になりさえすれば

 

「やっぱ、私ってダメなんだ」
「私なんて生きてる価値あるのかな」
「なんのために生きてるのか、わからない」

脳内でこのようにリピートしている方は
今の自分と全く違う自分、
すごい!と言われるような自分になりさえすればいいのだ、

そのためにスキルをもっと身につけ
多くの人と出会い人脈を作り
今よりたくさんお金を稼げればいい
人前で賞賛されるような、認められるような人に

「では、そのために一体、今日から何をしますか?」と私が聞くと
「それは、わかりません…….。」

となるのです。

今の自分とあまりに乖離したすごい自分、
しかも、そのすごい自分は、本当にそうなりたいのか?すらわからない

自分の言葉ではない言葉で
どこからか取ってつけたような言葉で
ロボットに操られて喋ってるような言葉に聞こえます。

スキルをもっと身につけ
多くの人と出会い人脈を作り
今よりたくさんお金を稼げればいい
人前で賞賛されるような、認められるような人に

本当に、そうなれれば、
自分は変われて生きやすくなるのですか?

人から賞賛されるような人になれば
そのためには「これだ!」と打ち込めるものを見つけたいけど
それが何なのか?がわからない。

「これだ!」というものが見つからないから
今日もまた一日、焦る気持ちで、何も楽しくもなく
何をやっても同じ、いつまで私、こうやって生きてかなきゃ
いけないんだろう、と悩むだけ。

出口がありません。

 

仕事は仕事でしかない

 

仕事に打ち込み、それに人生の全てをかけて
生きがいを感じてらっしゃる方が不快な思いをなさったら
すみません。

が、私は雇われている側にいる我々にとっては
仕事は仕事でしかない

今日の衣食住を自分のため、家族のためにするのに
必要なものを手にいれるために
仕事をするだけだ、と
思っています。

だからと行って、楽して金が手にはいればいい、
と言っているのではもちろん、ありません。

「仕事でこれだ!というものが見つかれば
自分の軸が見つかるというわけではない」ということです。

よって、仕事、仕事!!仕事さえ「これだ!」という
職に、職場に、就きさえすればいい、のではないのです。

大人になると、特に
「仕事」が全てだ、と思い込みがちですね。

仕事は仕事、でしかありません。

大事なのは、今日、どうやって過ごすのか?
今日、どういう気持ちで過ごすのか?
今日、誰と笑って過ごすのか?
今日、自分は何を食べたいのか?どう、作ろうか?
今日、部屋の状態はどうだろうか?
今日、天気と服装は心地よく合っているだろうか?

そういうことが大事なのではありませんか?

そして、なんのために仕事をするのか?といえば
「自分が好きに過ごすために」仕事をするのですよね。

(子供にお金がかかる!というのはバランスの問題で
大人が全てを我慢しないとならないほど
子供にお金をかけるのは、私とは意見が違いますし
ここで憤慨する人は
好きなことをする、ことにものすごい抵抗がある人、
素直になれない人だと思っています)

大人になって何がいいか?といえば

自分でお金を得て、それで誰にも文句を言われずに
ささやかな自分の楽しみを満喫できること

だと思います。

子供はそうはいきません。
親や大人が見張っていて
お金だって自分で得ることはできず
時間の使い方すら、管理されてる場合も多いのではないでしょうか。

大人は違うはずです。
が、多くの大人は
常に目の前にはいない誰かに見張られてる気がしていて
それに背かない範囲で行動し
お金を得ても好きなことのために使うのはためらい
「何か役立つこと」「将来の自分のためになること」に
お金を使おう、として
結局は、意味なく100円ショップで無駄買いしたりして
ストレス発散を小さくする。
休日ですら、自分で自分の時間を使う自由がない(様々な理由で)。

おかしい、とは思いませんか?

 

「これだ!」というものを探し求めて
焦っている人は

まず、自分を見張りから外し
自分の気持ちでまずは小さいことから
叶えることです。

私はこのブログで常に
「自分の欲求に素直に従うことが大事だ」
伝えています。

自分の欲求とは

一生打ち込めるものに出会えて
しかもそれだけを日々、やっていたら満足で
充実していて、人の役にも立てて、経済的にも恵まれ
さらには、人から賞賛されて、惜しまれながら死んでいく。

でもなく、

そのためにスキルをもっと身につけ
多くの人と出会い人脈を作り
今よりたくさんお金を稼げればいい
人前で賞賛されるような、認められるような人になること

でもないのです。

本当に、そうなりたいなら
今すぐ、そのために本を読んで勉強したり
勤めたい会社に毎日、面接に行ったり
しているはずです。

そうなりたいけどわからないのは

自分がしぼみ
自分が腑抜けになっているから

です。

 

「これだ!」がなくても幸せになれる

 

自分を膨らませて元気の、気を入れるためにすることは

ささやかな自分の欲求
人の役に立たないし
将来の自分のためにもならないし
人から褒められることもないし
インスタ映えもしないし
友達と共感し合えることでもないし

でも、今、自分がそのようにしたいこと、を
一つ一つ、自分のために叶えてやること

だけです。

本当に、それだけによってでしか
枯れることのない生きる意欲は出てこないし
今日も楽しみだ!という明るさも生まれない

自分が今日もまた、幸せだった、と思えることもないでしょう。

幸せになる、というのは
何か、大きな目標を達成しないとなれないのではなく
日々のささやかなことの中に
あるものだ、と私は思います。

が、焦っていると、それは見つからず
「私はこれだ!という決め手がないから
幸せになれないのだ」と勘違いしてしまうのです。

そもそも、「今日、私何してもいいのかな?」と
「いもしない誰かご主人様」にお伺いを立てながら
生きることになるのは嫌だ、と思いませんか。

 

私の日常は、毎日、平凡です。
仕事がある日もない日も、明るくなると目が覚めて
朝の家事をして
子供たちを送り出し
自分は仕事に行ったり、たまにはしたいこともするし
トレーニングをしたりして
あっという間に夕方。

子供たちを迎え入れたら
今度は、習い事がある子の送迎が始まり
その間に夕ご飯の支度もして
作って、食べて、片付けて
着たもの、履いたもの、を清潔にして
子どもと一緒に寝る。

毎日、本当に、それだけです。
誰か友達に会ったりすることもほとんどありません。
ランチを一緒にすることもほぼ、ありません。
特に欲しいものも今はないので、買い物にも行きません。
でも、それが退屈だ、とも
いつまでこんな生活しないといけないのか、とか
もっとブログをたくさん書いて
読んでもらう人の人数を増やさないと、とか
カウンセリングルームにもっと集客しなければならない、とか

全く、思いません。

なるようにしかならないし、
1年先のことなんて考えていません。
考えて、その通りになりませんし
自分が予想した通りに進むことに魅力は感じません。

非常に平凡な日々ですが
私がその時々、送迎だって、料理だって
選択してやってることで
とても自由を感じています。

同じことの繰り返しだ、いつまでやるんだ、と思う人と
毎日、自分で選択してやってる、と思う人と

それは別に丁寧に暮らすとか、そういうことでなく
普通に自分がしたいように暮らしてるかどうか?の違いだと思います。

そして、そこに焦る気持ちや追われる気持ちがないだけで
人はとても自由な気持ちで過ごせます。
それが幸せなことだな、と思います。

 



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です