子供の勉強について

勉強っていうのはなぜするのでしょうか?

そもそも、どうして勉強しなければならないのですか?

よくよく、考えてみたことがありますか?

勉強っていうのは、
与えられたものを覚えること、身に付けること、だけでしょうか?

今日は、子供たちの勉強について
普段、思っていることを書いてみます。

子供の可能性を伸ばす?! 

 

子供に勉強をさせるのは子供の可能性を伸ばすため、というのは
よく、聞きます。

子供の可能性っていうのは、具体的に
どういうことですか?
言葉で一度、表してみてください。
どうなることが、子供の可能性を伸ばしたことになりますか?

子供の可能性を伸ばそう、伸ばそうとして
たくさん習い事をさせられた結果
子供はどうなるのかな?と思って書いた記事です。
よかったら、お読みください。

無理やり(それがたとえ遊び風であったとしても、子供が望まないのに)
スポンジに水を吸収させるように
子供に子供に、あれも覚えて、これも与えてやらせて
子供にたくさんの知識を与えて

スポンジからはすでに水がポタポタと滴り
とても大変そうな子供、
虚ろな目の子供をよく、見かけます。

「お母さん、もうこれ以上、無理だよ」と
言えたら、どんなに楽なのでしょうね。

ポタポタと水が滴ってるのに
さらに「もっと歴史についても覚えようね」とか
次々に、知識を詰め込まれた結果、
子供は思考することをしなくなるでしょう。

 

思考するというのは、何もないところから自分が持っている知識を
組み合わせてある一つの自分なりの考えを
組み立てて行くことだと思います。

が、水が滴るほどの知識を詰め込まれ
自分が興味があることもないことも
脳内にめいいっぱい詰まっていたら
「好きなことを考えてみよう」
「興味があることについて、深く考えてみよう」
「目の前で起こっているこの現象は、一体?」

そういうことを考えよう、ともしなくなります。

水が滴ってるスポンジにさらに、何か
吸収させようとしても、それは不可能ですものね。

水を一旦、絞って
軽くなってから、出ないと
スポンジは、もう、働きをすることもできません。

子供だって同じなのではないのかな?と
アップアップしている姿を見て、思います。

好きなことについて深掘りできること

 

「いろんなことを知ってること」がいいことだとも
思いません。

「自分が興味があることをひたすら掘り下げられること」により
それを起点として
他のことについても、関連づけて考えることができるようになると
とても楽しいし、
どんどん広がって行きます。

 

一方で、いろんな知識だけをたくさん頭に放り込んであっても
掘り下げてなければ、単なる言葉、として
脳内に置いてあるだけでそれは、テストで丸をもらう以外で
応用することはできません。

よって、私は、子供には好きなら好きなだけそれをやることを
許しています。

許しています、って偉そうに!
笑える!
親ずらしてさ。

何が許してるだ!
そう、私が知ってることだって
医者の世界の一部、親になって知ったこと、
結婚してみてわかったことも少し、
あと、なんか知ってたっけ?って

よく、思います。
私だって、こんな狭い世界の知識しか、ないくせにさ、
偉そうに子供に指図するなよな、と
よく、自分のことを鼻で笑ってます。

知ったぶってるんじゃないよ、と。

 

親の中途半端な経験や知識によって

「子供にもこうした方がいい」と押し付けることこそ
子供の可能性を潰してると思います。

なので、私は、自分がしてきたことだから、と言って
子供に押し付けませんし
自然に、子供が興味があること、を
とことんやれば、それでいい、と思います。

勉強=学校で習うこと、だけではないはずです。
学校で習うことは、試験には役に立つのかもしれませんが
生きるうえで、皆が必要な知識は、
すでに小学生の低学年で終わってるのでは?とも
思います。

勉強、勉強、うちの子勉強ができない、と

無理にスポンジに知識ばかり詰め込もうとすると
いかにそれが自然体で詰め込んだつもりであったとしても

子供の本当に持ってる能力を使えなくさせてるのかもしれないな、と
想像してみることです。

うちの子、スポンジから水が垂れてない?と
様子を見ながら、勉強、勉強、と言いたいなら言わないと
ある時、「もう無理だ」と何もしたくなくなってしまうかもしれませんよ。

勉強しろ、もほどほどにしないと。



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です