お金の使い方と健康はリンクしている

集合住宅に住んでいるので
ゴミ出しの場所を眺めていて思うことがあったので

今日はそのことを書いてみます。
お金がない、ない、と言う人の
特徴です。 

 

お金について私の考え

 

私は別に、お金持ちにならないと
だめだ、なんて思いませんし 

自分と家族の生活に必要な分のお金があれば
それでまずはよし、という方針で
今、子育てと仕事を両立しています。

将来のために貯金をいくらいくらしなければならない!と
今日、明日の生活を削りに削って
めいいっぱい仕事を詰め込み
ストレスを貯めまくり家族に八つ当たり、
結果、不健康になったり、心が荒んでいるのでは
それは意味のない節約だ、とも
思います。

今日、明日の衣食住の延長に
未来があります。
今日、明日をおざなりにした先に
明るい未来はない、とも思います。

今日明日、の健康があるから
未来にも、生きてて、そして自分の身体や心が
動かすことができるのだ、と
思っています。

そのためには、
心身が病気になりづらい衣食住に
整えるために必要なお金は
今、かけることが必要だ、と思います。

病気になって、はい、病院、ではなく
病気にならないように
今、少しのお金をかけたとしても
結果、オーライになる、とたくさんの方々を診てきて
感じることです。

運動や、少し良い素材、を得るために
そして、人と関わるために何かしらの集まりなどに参加するために
無理のない範囲でお金を使うことは

結果、将来、無駄に病院でお金を使わずに済むでしょうし
将来、認知症などで施設にお世話になる確率も
下がると思います。

それぞれの家庭でお金を何に使うか?の
優先順位はもちろん、ある、と知った上で

お金をどうしたら大事に使えるのか?について
気がついたポイントを
いくつか挙げてみます。

こんなものにお金を使っていませんか?

 

お金の使い方=健康状態

に直結する、と私は考えます。
なぜならば、お金を使って何を得たのか?は
そのまま、その人の心身に影響するからです。

①安いから(必要なくても)買う
②飲み物を外で買う
③毎晩お酒を飲む
④スーパーのお菓子を常備して大人が食べている
⑤菓子パンをパン屋ではなくスーパーやコンビニで買う

このようなお金の使い方をしていると
お金も粗末にしておりお金はどんどん減りますし
健康も害しています。

お金の使い方と、健康は
一つの線でつなぐことができます。

簡単に説明します。

①安いから(必要なくても)買う

安いから、と言って今必要ないものでも
備えとして買っていると、家の中に
いくつも同じ種類のものが溢れてしまって
しかもそれがごちゃごちゃになって整理させていないと
気持ちも心も落ち着きません。
もちろん安いから、とお金をその都度使っていれば
お金はどんどん減っていきます。

②飲み物を外で買う

ペットボトルや缶のゴミの日に驚くのは
「こんなにたくさん、飲み物をお金を出して
買うんだ」ということです。

飲みものは、自宅でお茶などを作って
あるいは水でもいいですが、水筒などに
持っていけば、買わなくても美味しくて安い飲み物を
常備できます。

安易にペットボトルや缶の飲料を買っていると
お金はどんどん減ります。

③毎晩お酒を飲む

「酒でも飲まなきゃやってらんねー!」という
ストレス状態は、まず、異常です。
お酒を飲んで、脳を麻痺させ、その状態で寝ると
脳も休めないし、もちろん解毒工場の肝臓、そして
遅くに飲み食いした結果、胃腸も休まることがありません。
しかも、お酒を飲むことが習慣になると
お酒を飲んでない状態でいることが難しくなるのですね。

本当に飲みたいのなら、きちんとした味のお酒を(結果安くない)
心して飲む、つまみもしっかりと美味しい物を合わせて
飲んだ満足感をきっちり得ることにより
毎晩、なんとなく飲む習慣からは、
抜け出せるのではないでしょうか。

とりあえずビールの缶を開ける癖を一日やめて
ゆっくるお風呂に浸かり、早寝してみると
お酒を飲むより、よっぽど疲れもストレスも解消していたり
するものです。

ゴミの日に同じ種類の発泡酒が数十本も出ていたりするのをみると
発泡酒だって、これだけ買えば高くなるだろう、と
思ったのでした。 

④スーパーのお菓子を常備して大人が食べている 

スーパーのお菓子は子供はまだしも
大人が食べるのは、たまに、でいいような気がします。

大人が食べるなら、お菓子やさんでわざわざ買った物を
たまに、食べることで、美味しいという満足感を得られるし
値段もスーパーのものとは違うので、しょっちゅうは買わないです。
よって、無駄使いもしなくなるし、美味しいお菓子をたまに、食べる分には
体も心も負担になるより、喜ぶでしょう。

スーパーのお菓子を買い置きして、イライラしては
それを口に放り込んでいたのでは
肉体にとっても負担になり、心だって喜ぶことはないでしょう。 
 

イライラして食べるお菓子は、贅肉になりやすい、と
私は自分の経験から知っています。 
背中や、お腹、そしてお尻に余計な贅肉が増えた結果、  
感じる罪悪感それ自体がストレスですよね。 

そして、スーパーなら安いから、といっても
習慣で買い置きしていては、財布に優しい、とも言えません。

⑤菓子パンをパン屋ではなくスーパーやコンビニで買う

菓子パンは本当に良くないです。
買うなら、心して買って食べることだ、と思います。
安い菓子パンは、本当に体に悪いです。
油と砂糖が多すぎ、栄養がありません。
食べた時のみ、満足感が得られますが、すぐにまた
何か食べたくなります。

生理不順だったり、女性の体調不良がある人には
必ず問診で聞くことは
「パン食ではありませんか?」という質問です。

おやつに食べるなら、たまには食べたくなった時、は
食べたらいい、と思いますが
食事に菓子パンは、ダメだ、と私は思います。

そして、パンはお米に比べて値段も高いですし
体にとっても油分と糖分が常食するには多すぎます。

 

つらつらと書いてきましたが
お金を何に使うのか?は
「どう生きるのか?」ということにも
置き換えられると思います。
私たちは、お金を使うことは当たり前のようで
どう使うのか?を考えることを
あまりにしなくなったために

「なぜ、お金がいつも足らないのか?」を
きちんと、自分なりに振り返る時間すら取らずに
「まあ、しょうがない」で誤魔化してしまいがちです。

正しい生き方の答えがないのと同じで
正しいお金の使い方や、正しいお金の貯め方も
答えなんてありません。

ただ、お金の使い方と、健康は一本の線で
繋がれているな、ということは
事実だ、と私は考えているので
今日は何か、一つでも明日からできるヒントになればいいな、と思って
ゴミ出し場を見ていて感じることを
書きました。



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

1 個のコメント

  • おはようございます
    そうですね 無駄な動き、心が忙しく
    先の事や過去を振り返る 結果なにもまとまらず日が過ぎていきます。
    家族に愛情( ´∀`)
    心にゆとり はお金では買えませんね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です