「私は寂しい」と堂々とすればいい

マイナスの感情を恐れるあまり
その感情をないことにしてしまうと

結果、おかしなことにもなるものだな、と思います。

自分の現在地を知る時に
マイナスっぽい要因
マイナスっぽい感情
マイナスっぽい評価

そういったマイナスのことが
なるべくないことにしておきたい。

これは誰にでもある癖だと思います。

 

けれども、
あるものをないことにしてしまおうとすると
そのしわ寄せが、必ずどこかで
やってくるものだ、と思います。

 

寂しい自分はいけない?

 

特に、寂しさについて
「寂しい私なんて、いや!」と

まるで寂しくない!
私が寂しいはずがない!

寂しくならないように
寂しさを感じないように

仲間とつるんだり
行きたくもない飲み会に行って泥酔したり
好意を持っている人にしつこくしたり
ものすごく強がってみたり

寂しさをごまかすために
つかなくていい嘘をついて
他人を傷つけたり。

 

寂しいんだ

という現実を認めないと
色々面倒なことになりますね。

 

寂しくない人がいるのでしょうか?

 

程度はどうあれ
全く寂しくない!と言い切れる人は

珍しいのでは?

 

 

寂しくない理由を列挙してごまかす

 

「こんなに恵まれてるんだから
寂しいなんておかしい、寂しいはずがない」

これ、とてもよくないです。

 

素直に
「寂しいな〜」でいいではないでしょうか?

どうして、「寂しい自分」じゃダメなのでしょうか?

そっちを見た方が良さそうですね。

 

寂しい私から
自分がイメージすることは
なんですか?

 

侘しさですか?
仲間が少なくて認められてない感じですか?
強がりですか?
孤独さですか?

どんな感情が寂しさの背後にあるのか?

そこを見たらいいですね。

 

だって寂しいのに

寂しいはずがない!!って
封じてしまったら

一体、誰が、自分の「寂しさ」に
付き合ってくれるのでしょう?

 

どんなに

家族に囲まれて
お金もあって
仕事が充実していて
物質的にも満たされていて
好きなように暮らしているように見えても

人が一人で生まれて
人が一人で死ぬ

これがある限りは
全く寂しくない人なんて
いないと思っています。

本当は寂しいのに
寂しいはずない!と
寂しくない理由、寂しくない現状を列挙して

自分を封じようとすればするほど
押さえ込まれた「寂しさ」は

気持ちの悪い形で
ざわざわっと、ふっとした時
あるいはとても大事な時

顔を出すでしょう。

 

「出てきたら困ること」
「隠しておきたいもの」が一つでもある、と

人は不自然な日々になるものです。

あってもいいではないでしょうか?
なんだって。

私はそう思います。

 

寂しさを抱えたままやればいい。

 

寂しい自分を
マイナスと捉えて
おかしな色眼鏡をかけて
自分を演出しすぎて

本当の自分の気持ち

本当の自分の感情

本当に自分が求めているもの

が、わからなくなってしまうのですよね。

 

それなら
「私、寂しいんだ」とまず
納得すること。

納得した上で
寂しさなんて、別に消さなくていいし
寂しい自分でいいし
寂しいから、こうしよう、ああしよう、と
自分のお世話ができるでは
ありませんか?

 

おそらく、
寂しさを感じたらいけない

って思っている人は
寂しさを認めてしまったら

 

自分自身が耐えきれない

自分自身を支えきれない

自分はダメになってしまう

 

そう、感じているからなのではありませんか?

 

自分ってそんなに弱いですか?

私は、そうは思っていません。

 

寂しさを抱えたまま
やれること
できること

ほとんどのことはできますし、やれます。

 

自分に嘘をついてないから
隠すこともなく
堂々と、なんでもできる。

 

むしろ
自分は寂しいんだ、と認めてしまったら 
  
 
足腰にグッとちゃんと力も入るのではないでしょうか?
    
人はそんなヤワじゃない。

私は、そう思っています。

試しに、「ああ、私寂しいわ」って
思うなら
隠さずに、堂々と

そう、思ってしまってみてください。

 

返って、すがすがしいですよ。

人はそんなに弱くもないし
寂しかろうが
辛かろうが
恥ずかしかろうが

自分自身で
「そうなのだ」と認めてしまえば

どうってことないものです。

 

むしろ、寂しいからあの人に会いたい。
寂しいから、もっと人がいる場所に出向こう。
寂しいから、自分を楽しませてやろう!!

そうやって、自分のためにお世話することも
楽しくなるものです。

 

やるべきこと
やるべき役目

これらを果たすために

あるいは
他人から見られたい自分

でいるために

マイナスっぽい感情をなかったことにしたり
あるけどないように見せようとすると

ロクなことがないよな、と
思います。

 

マイナスだ!と
騒いでいるのも自分。

誰も、自分のことなんて
そんなに見てないし、言ってませんから。



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です