私は追われて家事をやりたくない

久しぶりのブログ更新になります。
ずっと家のことを考えていました。
来年の春には新しい家が建つ予定です。
人生で二度目の家つくりです。

私は家のことを考えている時、が
一番幸せだし、自分が充実しています。

家のこと、の中には
今日やる家事のことも、含まれています。

一度目の家を離れた時に
「もう、家はいいや、賃貸の方が気が楽だし
住んでみればどこでもわたしの都だ」

そう、心から思いましたし
実際、いま住んでいる賃貸マンションの部屋は
古いので不便は色々とありますが
眺めはいいし、日当たりはいいし
とても気に入っているのです。

また、家を作ろう、と思ったのは
「もう一回、頑張ろうかな」と家のことを考え始めた時
わたしの中のスイッチが入ったから、です。

もう一回、やってみよう。

そんな形で、すったもんだもあったりで
もう、かれこれ数年かかりで
家のことをやっています。

でも、物事は、
モノが出来上がってしまう前の
計画している時間が実は楽しくはありませんか?

可能性が無限大にある。
想像が膨らむ。

どんな形になるのか?
楽しみがあるし、それに向かって
エネルギーを注いでいる時
人は充実するのかもしれないな、と思います。

それは実は、家つくり、ものづくりだけではなく
自分について、も同じなのかもしれません。

自分のこと、大人になってから
「もう、この歳だから」と決めつけ

全ては子供にかける

そんな風に思っていませんか?

人は生きてる限り、可能性はいくらでもあるし
自分をこれからどうしようかな?と
采配を振るっている時
何かを実現してしまうよりも
エネルギーの巡りがいいように感じます。

 

 

さて、今朝もアイスコーヒーを淹れていて
感じたのですが

「わたしは追われて家事をしたくない」ということです。

よく「家事に追われて何もできない」
「だから、時短して家事はさっさと済ませてしまおう」という話題を
見かけますが

わたしはむしろ逆で
「追われて家事をしたくない」
「目の前のやることをじっくりやりたい」
そう、心から思って家事をやりますし
自分ができること、は身の回りのささやかなこと、の
積み重ねができれば、それで満足です。

「大きな夢を持って」
「より素晴らしい自分になるために」

それももちろん、素晴らしいことなのでしょうが

遠くの何かを目指すあまり
目の前のことがおざなりになり
衣食住が粗末になった結果
地に足がつかないで、毎日何かに追われるのは

わたしは嫌だな、と思います。

「やりたいことがない」と
疲れているのに、休むこともままならず
「やりたいこと探し」に
いつも焦っている方がおられましたら

ぜひ、家事を追われずにやってみてほしいな、と
思います。

 

家事は、とてもいいです。
やれば、身の回りがすっきりしたり
美味しいご飯が食べられたり
着るものがピシッと清潔になったり
手に入る幸せに直結しています。

その家事を「時短だ」「早く済ませてしまおう」と
味わわずに、滑るように、終わらせてしまう日々だと

その先にある自分も、未来も
スッカスカになっているような気がしています。

家事はとてもいいです。
手の届くところに、幸せはあります。

家事は面倒。
家事はお金にならない。
家事はやりたくない。
家事なんて…..

もしかしたら、人生でとても勿体無いことを
してるかもしれませんよ。

 

わたしは追われて家事をやりたくありません。
家事はじっくり、やりたいように
時間をかけてやりたいです。

そのために、時間をいつも、整理しています。
仕事だってそうです。
お金になる仕事に追われて家の中がぐちゃぐちゃ、
家族の心も落ち着かないですね。

家は自分のホームです。
1ヶ月払っている家賃
家のために払っているお金
それらを、1日の日割り計算してみたら
どれだけ家のためにお金を払ってるでしょうか。

「家にいると落ち着かない」
「家より外に早く出たい」
家の外で浪費し、消耗し、疲れ
帰ってきても落ち着かない。

健康からは、どんどん遠ざかりますね。

せっかく、一日数千円、家のために払っているのですから
わたしはなるべく多くの時間を家で心地よく過ごしたいです。

家事は、とてもいいです。
家の中が整っていると、気分がいいので
みんなの心も安定しています。

家事について、どう付き合っているか?
少し、考えてみてくださいね。
嫌だな、という思い込み、損かもしれませんよ。



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です