新しい環境に上手に慣れていく方法

4月になると、職場や学校で
様々に環境の変化がある方も多いのではないでしょうか?

今日は、新しい環境に上手に慣れていく方法、について
書いてみようと思います。

 

下手なやり方

 

多くの生真面目な方は、新しい環境に
早く馴染もうとするあまり
張り切りすぎてしまい

自分がやらなくても良い仕事や役割まで
「自分がこなさなければならない!」と
必死になってしまいます。

結果、もともとそこの場所にいた人との間に
返って溝ができてしまったりするのです。

自分がもともとその場所にいた人として
新しく入ってきた人が来た、と想像してみましょう。

その人が、「私がやります!」と
わかりもしないのに、出来もしないのに
引き受けたのはいいけど
やることが穴だらけだったり
余裕がなさすぎて、コミュニケーションがうまくいかなかったり

新しく入って来た人が勝手に空回りしてたら
困りませんか?

私たちは、後から新しい環境に入ると
「その場所で早く自分を認めてもらおう」としすぎて
それが逆効果になってしまっていることに
気がつかないのです。

 

上手なやり方

 

新しい環境に入った時、
上手にその場所で自分の居場所を作る方法は

「早く自分を認めてもらうこと」ではなく
「もともといる人とうまく馴染むこと」
「自分がやるべき仕事を把握してそれだけを、
まずは淡々とやっていくこと」
なのです。

そして、なるべく早く馴染もうとするのではなく
1年くらいかけて、その場所に自然といる人になっていたら
それがいいのです。

時間をかけて、馴染めばいいのです。

もともといる人とうまく馴染むために
おべっかを使ったり、一緒になって愚痴を言ったりする必要は
ありません。

仕事というのは、
自分に与えられたことをやり遂げることであって
仲間作りではありません。

馴染むというのは自分の仕事がスムーズにいくために
必要だから、馴染むのです。
一人だけでやるより、協力があった方がいいに決まっていますね。

協力を人から得るためには
「自分を認めてもらう」よりも
素直になって、これは自分にできる、これは自分にはできない、を
きちんと区別し、
できないことや、難しいことについて
教えを乞うことができるかどうか?だと
思います。

一度、教えてもらったことは
きちんと身につけ、同じことは何度も聞かないで済むよう
努力するのは、当然のことですね。

ともすれば、年下の同僚に
教えを乞うなんて、無理!と
自分のプライドを優先するあまりに
四面楚歌になってしまい
その環境では新米なのに、ツンツンしてしまうのでは
協力を得て、追い風に乗って仕事をスムーズに進めることは
できません。

また、他人の顔色ばかりうかがっていても
仕事は進みません。

兎にも角にも、職場では与えられたことを
まずは淡々とやることです。
自分に与えられていないことまで
「認めてもらうために」やると
返ってそれが仇になることもある、ということを
頭の片隅に置いておくといいのかもしれません。

新しい環境に入って1年は、
与えられたことを、一生懸命やること、
それで十分だ、と思います。

そのようにして、与えられた仕事を淡々と
(ツンツンでもなく、ビクビクでもなく)
やっていれば、そのような人を少なくとも悪く思う人は
いないはずです。

目立つ必要もなく、すごくなる必要もなく
淡々とやるべきことをやっていけば
1年くらい経った頃には自然とその場所に馴染みつつ
「あの人はよく仕事してるよね」なんて
いう風にも言われるようになるかもだし
言われなくたって、居心地が悪いということは
ないはずです。

そして、自分自身の本領を発揮したいな、と思うのなら
馴染んで来て、ある程度の信頼を周囲からも得た頃に
思い切って、やってみたいことにも手を伸ばしてみることだ、と
私は思います。

 

研修医時代

 

私もかつて、大学病院で研修医をしていました。
病棟の看護師さんはほとんどが女性であり
同性の医者というのは、異性よりも
割と、警戒をされるのは、肌で感じていました。

なので、私は3ヶ月ごとに変わっていく研修場所では
常に、目立ちすぎないように服装も発言も、言い方も、
気をつけていました。

控えめにしつつも、やるべきことは普通に当たり前のこととしてやる
お願いせねばならないことは
丁寧にお願いする、
必ず、手伝ってもらったら一声お礼を言う。
これは医者と看護師という、指示する側と、指示される側という
関係性であったとしても
必ず、上から目線でも、媚びへつらうでもなく
自然体で、続けていきました。

結果、難しい検査(夜間に2時間おきに患者さんに採血する、など)でも
看護師さんが、快く引き受けてくださったりしました。

ともすれば、後から入って来ても
立場が上だ、と勘違いして
仕切ったり、威張ったり、分かったふりをしたり
その場にあったペースを「この方法の方が、効率が良い!」などと
すぐに変えようとしたりする人もいますが

そういうやり方をすると
必ず、元々いた人から抵抗を受けます。

抵抗を受けても
「無理にでも経営改革をせねばならない!」などの
立場で異動するのなら、そうすればいいですが
通常、雇われている人であれば
そこまでする必要もありませんものね。

 

今日は、新年度を控えて
異動や、転職、新しい生活になる方々へ向けて
うまくその場所に馴染む方法を書きました。

また、今、空回りして疲れが取れない方に
ヒントになれば嬉しいな、と思います。

 



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です