イライラするので薬をください。

先日、イライラするので薬をください、とおっしゃる
男性の患者さんがみえました。

常にイライラしてしまうので、薬を出して欲しいと言うのです。

確かに対症療法的に薬を飲んでもらえば、
一時的な解決はできますが、
それは根本的な解決にはなりません。

なので、
どうやったらイライラから逃れることができるのか?
それを話します。

 

イライラを「見える化」する

 

イライラから逃れるためには
自分がイライラしている原因を「見える化」することなのです。
見える化って何?

簡単に言ってしまえば、書き出すことです。
人は見えてないものと
見えているものでは
管理するのは明らかに後者の方が簡単です。

なので見えるようにするのです。

そうすることによって、
自分の原因が何か?わかるわけです。

例えば、その男性患者さんですと、
仕事中に立て込んでくるとイライライする、とのこと。

それならば、
今日やることを、まず「見える化」しておく。
そして、「見える化」したことを
主観抜きに、淡々と一つずつやっていくことなのです。

逆に、今日やることが見えないと、何をどこまでしたらいいのかが
はっきりとわからないので
次々に職務に襲われているような気持ちになり
イライラしてしまうのです。

さらに「部下が全く言うことを聞かなくて腹が立つ!」と言う
主観が混ざってくると、
やることに、ブレーキがかかり、
結果、進みが悪いと、焦ったりして、余計に立て込み
イライラが増してしまいます。

やることを「見える化」をしておけば
主観が出てきて、ブレーキをかけてきたときに
また、元の作業に戻ることもできるのです。

また、見える化、しておけば
「やり終えた」満足感も得られます。

 

「見える化」しておけば楽

 

私も「見える化」は日常的に多用しています。
そのおかげで、今は、常に変な感情に左右されることはなくなりました。

昔はよく、何が原因で落ち込んだりイライライしているのかが
謎だったために、いつも落ち着きませんでした。

落ち込みやイライラのせいで、頭痛や便秘、足の冷え、肩のコリなど
様々な症状で苦しんできて、安易に薬でやり過ごしていたのです。

 

それが「見える化」のおかげで変わったのです。

 

人は具体的に書き出そう、とした時に
いよいよ、考えるのだ、と思います。

頭で、あれやこれや、考えてみても
結局堂々巡りでおしまいになってしまいがちなのです。

ですから、何をイライラしているのか?
私は具体的に見える化をしてみました。

・子育てはこれでいいのかどうか不安
・お金をどれほど貯金しておけばいいのか不安
・日々に追われては終わるを繰り返して歳をとる恐れ
・バタバタしているだけで、何も進んでいない焦り
・他人から見た自分と、自分から見た自分の乖離が著しい辛さ
・自分の時間がない!私も集中してやりたいことがある、と言う不満
・みんなそうなんだから、と言うマス的考え方に流されて行動しない自分の不甲斐なさ
・やるんだ、と決めてるのに、他人の目が気になってなかなか実行できないもどかしさ
etc.

 

具体的に、書き出してみて初めて、

「ああ、私はそう言う理由で落ち込んだり、イライライしたり
していたんだ〜」と明らかになったのです。

そして、見える化したイライラの原因に対して
対処法が「なんだ〜意外と私でも解決できる悩みだったわ」っていうほど
大したことない方法で、解決するものもあれば
「よし、頑張ってやるぞ」と決めて継続して行動を続けなければ
ならないものもあるのだ、と自覚ができたのです。

まずは、大きな塊の「イライラ」を「見える化」することによって
解決方法を、考えてみることができるのですね。

人は、漠然としたものに対して不安や恐れを感じるので
漠然としたものが、明らかになることで
不安や恐れは消えていき、対策を立てて行動しているうちに
いつの間にか、無駄にイライラすることは減っていくのです。

 

イライラしない日々

 

イライラしないだけで、こんなにも違うものか?

イライラしないからこそ子供、超可愛く見える。
イライラしないから、仕事、楽しい。
時間、イライラしなくなっただけで増えた。
イライラしなくて楽しいし健康状態良好、いつの間にか薬を飲まなくなっていた。
人にイライラしなくて人との関係良好。
外見、和やかな顔つきになって話しやすくなった、と言われる。
やる気、イライラで消耗しなくなってチャレンジ精神でた。

こんなに、変わってしまいました。

イライラというのは、本当に時間を、エネルギーを
無駄に消耗してしまうものなのですよね。

そして、何より自己嫌悪に陥るので
結果、さらに良い行動ができなくなってしまい
余計に、物事が進まなくなってしまう。
悪循環が生じるのです。

心と身体はつながっているので
イライライしていたら、身体にも影響を及ぼすのですよね。

気持ちも悪いし、身体の調子も良くない。
生きているのに、もったい時間を使ってしまっていたのだな、と
今になって、とても後悔をしています。

でも、もう、過ぎ去ってしまった時間は取り戻せませんから、
今は、イライラをなるべくしないで済むように
ちょっとしたイライラのサインが出たら
「細かくして」「見える化」して、それに対処しています。

ちょっとしたイライラのサインが出た所で、
見える化して取り組んでしまえば、大したことないのですよね。

かなり、放置しておけば、
「もう、見たくない!」ってなるのも
よく、わかります。

でも、「見える化」さえしてしまえばイライラを解きほぐすことが
できるのです。
それには、薬は不要です。

自分自身で、お手当てが上手になることで
生きることは、少しずつ、楽になっていきます。



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です