そうだといいんですけどね〜ってあなたの話ししてますが

「そうだといいんですけどね〜」が
口癖の人がいます。

いえいえ、いまあなたの話をしていて
困っている、というので
「こうするといいですよ」と
教えたのですが。

「そうだといいんですけどね〜」っていうのは
まるで自分のことも、誰かに何かに
お任せして

「そういう流れだといいんですけどね〜」って
自分では何も努力する気がないのですね。

 

話していて疲れる人

 

別に、誰しもがなんでも頑張らないといけない、なんて
全く、思ってません。

けれども、
自分の心身の具合が良くなくて
「どうしたら良くなるのかしら?」と
教えを乞うてこられたので  

 

「ストレスを少しコントロールするように
抱えている問題、心配事、不安なことを
書き出してみたら

どうにか自分ができること
どうにも自分でできないことに

分類できると思います。

分類できたら
自分がどうにかできることに
一つ、一つ、取り組んだらいいですね。

自分がどうにもできない問題のことは
考えないようにすると

余計なストレスは減っていくと思いますよ。」

 

私は、そう、お話をしたのです。

そしたら、その方は

「そうだといいんですけどね〜」って言うんです。

 

いやいや、まだ何もしてないですよね?
何もしてないうちから
「そうだといいんですけどね〜(でも、難しいです)」と
決めつけるのでしょう?

 

誰かにやってもらいたい

 

自分のことなのに
誰かに、どうにかしてもらいたい。

自分では、どうすることもできないって思っていることは
結局

考えて、行動することが
面倒なだけではありませんか?

 

心身の調子が良くない、
原因はストレスかもしれない。

けど、ストレスをどうにかしようって言う気持ちには
なれない。

ストレスをどうにかしようとしたら
物事の根本を見る羽目になる。

根本を見たら、これまで見なくて済んでたこと
今まで向き合わないようにしてきたことを

見なきゃいけない。
考えなきゃいけない。

「私って、そう言う人なんだ」と
自分で認めないといけない。

 

それがやなんですよね。

で、うわべだけ、何か取り組んでいるフリして
やってる感はあるけど
現実は一ミリも変わらない。

他人が言うことも素直に聞けない。

 

だからこそのセリフ

「そうだといいんですけどね〜(そうは言っても難しいですよね〜)」

 

じゃあ、しょうがないですよね、って
私は思います。

 

自分の心を直すのは自分だけ

 

自分の心をいじれるのは
自分しかいません。

はっきり言って
他人の心の中なんて

誰にもわかりませんから。

 

だって、今、自分の心の中について
どれだけ正確に

書き出すことができますか?

 

「自分のこと」ですら
半分もわかってないですよね?

私は、自分の万華鏡のように変化する心に
全くついてってませんから。

 

ましてや「他人の心」なんて
わかるはずがないです。

そこを、過信しないことです。

 

そして、他人にわかってもらえない
他人にどうにかしてもらえない
「自分の心」を直してもらおうなんて

期待しないことです。

 

甘ったれんのも、いい加減にしろよ。

私は、
「そうなるといいんですけどね〜」を
連呼する人に向けて

心の中でそっと、つぶやきました。

 



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です