コミュニケーション力を高める3つの方法

聴覚障害者の患者さんを通訳なしで診察していて思ったことを書きます。

コミュニケーションとは、言葉をいかに巧みに使いこなすか?ではないということです。

①相手に心をひらき

②何を伝えようとしているのか?を理解しようとし

③共通の目的が達成されることがゴール

なのだと思いました。

 

言葉なしで伝わること 言葉があっても伝わらないこと

 

通常は、来院時には手話通訳をつけて会話をされる聴覚障害者の患者さんとは、

口の動きと少し出る声によって私が聴き取り、

患者さんは私の口の動きと雰囲気で理解をされていました。

患者さんは安心してお帰りになりました。

どうして安心するか?というと、「自分が伝えたいことはわかってもらえた」という

安心感だと思うのです。

言葉がなくても、伝えることができ、それに対してきちんと

対応がしてもらえた、ということが分かれば

人は安心しますものね。

 

一方で、たとえば言葉がそこにはいくらでもあるのに

まったくお互いの意図が伝わらない関係もあると思うのです。

言葉の羅列だけで、相手の心がわからない、自分の気持ちが

理解してもらえていない、そういうもどかしい思いをなさる方は

私だけではないと思います。

 

コミュニケーションとは、言葉によってのみ行われるのではなく

言葉はあくまで「伝えやすくするためのツール」であって

言葉だけに頼ってコミュニケーションをしようとすると

うまくいかないこともあるのだろうな、と感じます。

 

まずは心を開くこと

 

いろんな患者さんと対面していると、カルテを見て難しそうな患者さんだと

あらかじめ身構えたくなるケースがあります。

でも、そんな時こそ心を開くようにするのです。

「どうぞ、何でもおっしゃってください」

「訴えを、聞かせてください」

そんな気持ちで対話をしていると、コミュニケーションはうまくいきます。

たとえ難しい方であっても、話が少しばかり長くなることはあっても

コミュニケーションは成り立ちます。

 

逆に、「この人は難しいぞ、いやだな」とこちらが少しでも思えば

それは相手の方にも伝わります。

結果「どうせ自分のことなんて、誰もわかっちゃくれないんだ!」という

怒りの中でコミュニケーションが行われるので

結果もよい結果にはならないのですね。

「ああ、ちょっとまずいな」と思うときこそ

まずはこちらから心をひらいて腹をくくり

「どうぞ」という気持ちを持つと、意外とうまくいくものです。

 

「難しそうだな」と思うのは自分の思い込みや偏見が作動するからです。

思い込みや偏見は、自分の過去のデータや仕入れた情報から

そう思ってしまうのですね。でも、目の前にいる人は

今いるその人であって、以前のあの人ではありません。

新鮮なその人と対話をするのだ、という見張りを自分につけておくと

変なバイアスがかからずに、必要な情報も聞き出すことができたり

相手に不快な思いをさせたりしないで済みますね。

 

何を伝えようとしているのか?を理解すること

 

自分の言いたいことや思っていることを伝えるのがコミュニケーションですね。

でも、「自分を守るため」本来の目的を見失ってしまうことがあると思うのです。

相手は自分のつらさを訴えたいだけなのに「私のことを責めてるの?!」と罪悪感を持ってしまう。

相手は「こう思うのよ」と言いたいだけなのに「それって私が間違えってこと!?」なんて

イライラしてしまう。

これらは、本来の「言いたいことや思っていることを伝える」から目的がずれてしまっていますね。

単に伝えたいだけなのに、こちらは防御したくなる。

誰も責めていないのに、そういう風に感じ取ってしまう。

 

たとえば職場などで「なんか自分の居場所がない」と思い込んでしまうだけで

人は他人が話す言葉のすべてを「自分に文句を言われている」ように

感じてしまうこともあるでしょう。

けれど、コミュニケーションの本質は「言いたいことや思っていることを伝える」だけなのです。

なので「相手はいったい、何を伝えたいのかな?」を冷静に考えれば

別にこちらを責めたり、けなしたりしてるのでもない、ことがわかります。

 

それに対して自分がどう、感じるのか?は選んでよいし

それについて自分の正直な気持ちや思いを今度は伝える側にまわればいいのです。

それだけ、なのです。むずかしく考えずに、ポンポンと気軽に。

 

共通の目的が達成されることがゴール

 

診察室では、コミュニケーションをとってきちんと診断し、ベストな方法を提案するのが

目的ですね。

なので、そこが達成されさえすれば、聴覚障害者の方でも通訳なしでむしろ

直接やり取りができたほうが、人間味のある診療ができると思っています。

 

言葉を使っているのに、お互いに違うことをゴールにしていると

まるで噛み合わずに悲しい結果になってしまうこともありますね。

悲しい行き違いは、お互いの目指すゴールの不一致から。

今、この人と私はどこを目指してるんだっけ?って少し冷静になってみると

「ああ、そうだった」と軌道修正することも可能だと思うのです。

 

コミュニケーションは楽しい。

 

もっと楽に、自然体で会話ができるようになると楽しくなりますね。

私は英語が話せませんが、別にどの言語であっても伝わりさえすればいい、と思えば

どうにか伝わるものです。

でも、同じ言語を使っていても「どうせ」とか「だって」とか最初から

「知りたい」「理解したい」「思いやりたい」そういう相手に対する気持ちを持たず

「私のことはわかってよ!」「私のことを傷つけるのは許さない!」と

「わたし、わたし」になってしまうと、うまくいきませんね。

そして、他人とのコミュニケーションによって自分が映し出される、これが

醍醐味なような気がしています。

その時の自分の反応が、その時の自分ですものね。

 

①相手に心をひらく

②何を伝えようとしているのか?を理解しようとする

③共通の目的が達成されることがゴール

この3つを意識してみると、コミュニケーション力は今よりグッと高まるでしょう。



*************************
内科医の私がなぜ、情報発信をしようと思ったのか?
また、私自身が生きづらさからどのように
今、気楽に適当にニコニコと生きるようになったのか?

その過程を書いた記事をこちらで公開しています。

女医とも子物語

**************************
2000人が登録しているメルマガ

【メルマガ 女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話を読む】

無料メルマガ「女医とも子の40000人を指導してきてわかった本当の健康の話」では
健康や、心のこと、日々の暮らしがどうしたら楽になるのか?
あるいは、人間関係について、子育てについて、
深く掘っていきます。
まずは自分を観察し「生き方の癖」を発見したり
「抑圧してきたものたち」に気がついたり、
「自分の内側から良くなる力が湧いてくる」ようなものになっています。
心と身体は別々ではありません。
自分の心を見ることなしに
他人や世間の目ばかり気にして見ていたのでは、
抑圧された心のひずみは身体に表れたり、
「まったく自分の思い通りにはならない日々」が続きます。
まずは自分を振り返る。
これまで見て見ぬ振りをしてきた自分を慈しむためのメルマガです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です